ヴィンテージワインの意味とは

よくワインを飲む時や選ぶ時に、同じワインを飲むのならばヴィンテージワインを選んだ方がいいよ…なんて言われたことはないでしょうか?

ヴィンテージワイン…なんとなく寝かせたワイン、出来上がってから年月のたった熟成したワインなんてイメージもありますが、実際のところヴィンテージワインって一体どんなワインなのでしょうか…。

知っているようで知らないヴィンテージワインについて、http://www.squash-player.com/を見て、ちょっと知って美味しいワイン選びや、美味しいワインを飲むための参考にしましょう。

よくヴィンテージワインというと寝かせた年月によって決まるとか、寝かせれば寝かせるほどヴィンテージワインになるような気がしますが、実はヴィンテージワインというのは寝かせた年月でも年代の古さでもなくて、収穫した年のことを指してヴィンテージワインと呼びます。

実際にワインというのを改めて考えるとわかりますが、ワインってブドウを原料にしてあとは何も加えない足さないで醸造されています。

ということは美味しいワインかどうかというのは、たしかにブルゴーニュ地方のワインは美味しいとか産地のことも関係あると思いますが、産地うんぬんよりもブドウの当たり年かどうか、ブドウの良し悪しはどうか、そのワインが作られた年のブドウの良さでワインの当たりはずれというのが変わってくるのです。

それを表す証拠とも言えることとして、ワインの産地で有名なフランスやイタリアドイツ辺りというというのは、毎年毎年ブドウの出来に違いがあります。

あまり年数は関係ないと思われがちな、アメリカワインだってその年によってブドウの出来に違いがあるのです。